コードチェンジのコツを掴もう

ギターが上手くなるには、色々なコードを覚えることも大切ですが、曲を弾く上で一定のテンポに合わせながらタイミング良くコードチェンジ出来る必要がありますね。
とは言え、ギターを始めたばかりの初心者にはこれが思ったより難しく感じるものです。

 

そこで、ここではコードのタイプ別にスムーズにコードチェンジできるコツを紹介しましょう。

コードチェンジのコツ記事一覧

オープンコードのコードチェンジが上手く出来ますか?開放弦を使ったオープンコードの場合の基本となるのは、左手のフォームを変えないで、指だけを移動させるようにすることです。そして、コードを押さえ変える際には、弦から全部の指を大きく離さないことがオープンコードのコードチェンジのコツで、素早く次のコードを押さえるようにしましょう。また、共通した指のフォームを崩さないようにするのも大切です。例えば、CからG...

コードで指が届かない、開かないという悩みはありませんか?ギターで曲を弾く上で大切になるのは、指を動かしてコードを変える瞬間ですが、初心者で多いのが指が届かなかったり、開かない為に、押さえられないで躓いてしまうという人が結構います。ですが、ギターは一つのコードを平行移動することによって、他のコードのフォームとして使い回し出来るという特徴がある楽器なんですね。例えば、FからGというコード進行の場合なら...

Fコードが押さえられない、出来ないという悩みはありませんか?複数の音を同時に鳴らすコードの響きは、ギターが持つ大きな魅力ですよね。そして、よくコードブックなどに載っているFやBのコードは、複数の弦を人差し指だけでまかなって押さえるバレー、もしくはセーハと言われるフォームになっています。この押さえるタイプのコードは、慣れないうちはかなりの力が必要になるんですね。その為、私の経験から言っても多くの人が...

セーハーしないFの押さえ方をご存知ですか?ギターを弾こうと思い立って最初にぶち当たる壁が「F」ですよね。今も昔も変わらす何故、「F」が壁なのか?ビートルズのレットイットビーの進行コードはざっくり書くと、C・G・Am・F・C・G・F・Cの繰り返しで、邪魔なのはFなんです。また、イルカ、もしくは伊勢正三の「なごり雪」をコードを簡単にしてしまうカポタスをつけた場合のコード進行をざっくり書くと、C・G・A...