ギターのチューニングのやり方

ギターのチューニングのやり方をご存じですか?
ギターはおのずと音が狂っていく楽器なので、まずは音を正しく合わせてから練習を始めます。

 

 

そして、ギターの各弦を正しい高さお音に合わせることをチューニングと言い、いくつかのやり方がありますが、ギター初心者の方ならら音が合わないという悩みもあるでしょう。
その為、正確に音を合わせるにはチューナー(チューニングメーター)を使うのが一番良いでしょう。

 

 

チューナーには様々なタイプのものが出回っていますが、初心者ならどんな種類のものでもさしあたって問題はありません。
ただ、合わせる弦ごとに切り替えなければいけないものよりも、自動的に各弦の音の高さを自動的に識別してくれるオート式の方が便利で重宝します。

 

 

チューニングの合わせる時は、ペグをゆるめて音をいったん低くしてから、少しずつペグを締めて目標の音の高さに合わせていくことが大切です。
また、ギターのチューニングは練習前に一度合わせても、弾いているうちに徐々に狂ってくることもあるので、練習中の合間などにたまに確認してみましょう。

 

 

いずれにせよ、ギターを弾く前は必ずチューニングがあっているかどうかチエックすることが大切です。

 

 

なお、このプロギタリストの古川忠義が教える初心者でも30日で名曲を2曲も弾ける上達法!フォーク(アコースティック)ギター講座DVD&テキスト【ギター3弾セット】では、今なら特典でギター初心者では難しい音を合わせるチューニングのやり方を映像付きで分かりやすく解説してあります。これさえあれば、いつでも正しい音で練習をすることが出来るでしょう。

 

チューニングの仕方を映像付きで初心者にも分かりやすく解説!

 

初心者向け30日でマスターするギター講座(DVD&テキスト)の詳細を見てみる