クロード・チアリのギターの好きな曲

クロード・チアリのギターの好きな曲って何ですか?
先日、久しぶりに高倉健主演の「冬の華」を見たんです。

 

 

この映画、これまでに何度も見ましたが、その際、劇中で流れてくるクロード・チアリさんのギターの音色が何とも切なくて、あらためてギターに魅了されてしまいました。

 

冒頭の健さんがいちごジャムを塗りまくったトーストを食べるシーンも大好きです。

 

映像もストリー展開とても良かったのですが、やはり音楽(ギター)が一番心に残ります。
悲しげな哀愁を帯びた良い曲で、ギターの弦の響き、音色が心に沁みます。

 

 

そのギターを聞くと劇中の加納秀次(健さん)からの手紙を読む松岡洋子(池上季実子)のシーンや、音楽喫茶で「何かの間違いでしょう」と言うシーンが思い出されてきます。

 

「おじさま!」

 

なんともいじらしい。
この年になって、いまだに脳裏に焼き付いており、クロード・チアリさんの「冬の華」のギターを聞くたびに、言葉では言い尽くせない感動が音楽(ギター)にはある。

 

 

そして、壮大でノスタルジーを感じさせる「チャイコフスキーのピアノコンチエルト」もいい。

 

男には誰しも忘れられない過去がある。
寡黙に生きてきた男の美学とでもいうのでしょうか、健さんのカッコ良さが素敵です。

 

何度聞いても、クロード・チアリさんの「冬の華」のギター演奏は、とても癒されます。

 

 

また、クロード・チアリさんの「夜霧のシルエット」のギター演奏も最高!
これは藤田まことさん主演の2時間ドラマ「京都殺人案内」で使われていた曲ですね。

 

実に美しいギターの曲で、聞くたびに涙が出てきます。
やはり、ギターっていいですよねー、言葉で言い表せない感動がある!!

 

私は、この2曲を人生を終えるまでにギターで弾けるようになることを目標にして練習したいと思っています。

 

TOPへ