ギターがスムーズに弾けない

ギターがスムーズに弾けないという人も多いと思います。
ギターは単に弦を押さえて弾くだけではなく、音楽的にスムーズな流れを意識して行うことで、人に感動を与える演奏になりますからね。

 

スムーズに弾けない

 

僕もそうでしたけど、慣れないうちはどうしても今押さえているコードから次へと押さえ替えをするのに時間が掛かってしまい、スムーズなコードチェンジが出来ないうことも多かったです。

 

 

でも、よどみなく音を繋いで演奏するコードワークの技術は、スムーズで心地よくギターを弾くためには不可欠と言えると思います。
上手い人は、特にコードの押さえ替えるという意識はなく、特に考えることなく、瞬時に指のフォームを変えていますからね。

 

 

初心者で慣れてない人は、「この指を残しつつ、こつちの指を移動させて・・・」というように一つひとつの押さえ方を順序立てて考えがちなのかなー。

 

 

しかし、それではリズムが乱れたり、必要もない音が鳴ったりするので、あまりいい方法ではないと思うんです。
で、僕がどうしたかというと、思い切って初めのうちは、コードが変わる前の1拍分を丸ごとコードチェンジのための時間に当てていました。

 

 

コードってたいていは小節を区切りに変わることが一番多いので、その区切りの手前となる4拍目で押さえ替えするようになります。
例えば、弾こうとしている曲が4拍子だったら、「1、2、3、4、1、2、3、4〜」という流れの「1」のところからコードが変わるとします。

 

 

通常なら「4、1」の「、」の部分でコードを変えるようにすると思うんですけど、それを「1、2、3、チェンジ」といいうタイミングで替えるようにするということです。

 

 

3拍子でも同じように、「1、2、チェンジ」というようになりますね。
このようにすれば、今より焦ることなくコードチェンジをしていくことが出来るかなと思います。

 

 

そして、一定のリズムを維持してギターが弾けるように練習していくといいのかな♪
まぁ、何もしていないのに、最初からギターが得意だという人はいません。
大人でも子供でも、何かを上達させるためには練習を積み重ねていくしかありません。

 

 

しかし、自分ひとりで練習を続けてコツを掴んでいくにも限界もあります。
うまくなるためには、「こんな感じで指を動かせばいいんだな」という感覚を自分の体で習得していかいといけませんからね。

 

 

これまで、練習を重ねても、進歩が感じらないとか、一度挫折した人は、上手な人にみてもらうといいです。
もし、そうした人が近くにいない場合は、DVDなどを見るなどして、今の自分の動きと比較してみて下さい。

 

 

ギター教室に通ってプロの指導者からレッスンを受けるのも良い方法ですが、近くになかったり、先生との相性もありますし、それなりのお金もかかりますから、その点DVDなら、何度でも、自分が確認したい動きをチェツク出来るので、とても便利で効果的な方法かなと思いますよ。

 

 

そして、今年こそは何か新しいことを始めたりして、楽しくギターが弾けるようになりたいですね(*^▽^*)

 

初心者向け30日でマスターするギター講座(DVD&テキスト)の詳細を見てみる