ギターの弦とアクセサリーについて

ギターの弦とアクセサリーはどのようにしていますか?
私的には、とりあえず手持ちの古いギターがあるようなら、多少サビがついている弦てもそのまま使えばいいと思います。

 

弦とアクセサリー

 

使っているうちにすぐにサビは取れていきますからね。
でも、弦はずっと張りっぱなしにいていると音がボソボソしてきてどんどん悪くなっていくようになります。
かとぃって、弦をたびたび張り替えるのはとても面倒くさいので、基本的に張りっぱなしで、切れたらその時に張り替えるというスタンスでいいかなと思います。

 

 

私もそうしていますので。今一番大事なことは、いい音で弾くことよりも、まずは弾けるようになることですからね。
もし、弦を新しく購入するなら、フォークギターの場合なら普通のライトゲージでいいと思います。メーカーはどこでも構いません。

 

 

また、演奏補助器具のひとつである弦楽器用アクセサリーのカポタストはしばらくは不要でしょうね。
中には、Fなどのセーハーコードを押さえやすくする道具として思っている人がいます。

 

 

確かにカポタストを付ければFは押さえやすくなりますが、次にその曲でAmが出てきたら、結局はセーハーを使わなければいけないくなるんです。
で、カポタストは難しいコードを押さえやすくする道具ではなくて、響きやキー、コードなどを総合的に考えて必要とするときに付ける、音楽的に高度なな道具として考えるといいかなと思います。

 

 

ということで、ひとまずは不用です。
一部の方は道具に凝りたい、色々なアクセサリーを集めたいという方もいるでしょうが、まずはとにかく弾いてみましょう。

 

 

しっかり弾けるようになれば、本当に必要な道具やアクセサリーが分かってきますからね。
そして、本当に必要なものが、実はほとんどないということもわかってくるかな〜♪

 

 

後は硬くて薄いピック数枚とギターにストラップを付けっぱなしにして、ギターケースは押し入れに、ギターは無造作に立てかける、これでいっでも弾ける準備の完成です。('ω')ノ