ギターケースは使わないほうが上達する

ギターケースを使っていますか?
私が思うに、大人からギターを始める初心者の場合、ギターケースは使わないほうが上達するのが早いように感じています。

 

 

私の場合は、かれこれ35年上前にギターケースの中に丁寧に入れられて押し入れに収納してあったフォークギターを引っ張り出してきました。
ケースを開けると埃まみれの、当時のテレビ番組の「TVジョッキー」で配られていたような白いフォークギターです。

 

 

そして、一度も使った形跡がないカポタストとストラップ、更にその時代に読んでいた明星の歌本が挟まっていました。表紙は松田聖子と田原俊彦。
30年以上の時を超えて魔法の扉が開いた感じがしましたよ。

 

 

布で埃を取り、弦だけを張り替えて使っています。
まぁ、要するに大人から始めるギターなんて何でもいいということですね。

 

 

できれば、新たに高いものを買って勢い込んで臨むよりは、私のように「F]のコードでつまずき、もう弾くことはないだろうと諦めたギターで再度チャレンジするくらいの気楽な心持ちのほうが良いかもしれません。

 

 

実際に、ボロのフォークギターを使い続けて思うことは、とても耐久性がある楽器だということです。
構造自体もとても単純で、弦も安価で張り替えやすいので、しばらくほったらかしにしてあっても、ほこりを取って弦を変えると見違えるほどいい音が出るんですね。

 

 

そして、挫折していた当時を思い返してみると、新品を買ったこともあり、いつもピカピカに綺麗にしていました。
ですが、この年になって思うことは、プロならともかく、とにかく何でもいいから弾けるようになりたいというド素人の人は、そのような習慣は危険です。

 

 

私の学生の頃の二の舞になります。
多少は傷つけてもいいから、とにかく何度も触って弾いて、感じることが一番大事なんです。

 

 

ですが、巷の多くのギター教則本は、大切に使いケースにしまえ、高温多湿なところに置くな、ネックが曲がらないように弦を緩めて保管しろなど、驚くほどデリケートに扱えと書いているものまであります。

 

 

ですが、私の経験から言ってもこれらの教えは現実に則しておらず、こうしたことが多くの挫折者を生んだと思うのです。
思い立ったらすぐに触れられることがとても大切なんです。

 

 

テレビやラジオから音楽が流れてきたら、それを聴いて「どのコードだろう」と思ったら、すぐさま触って確かめるなど、こうしたことの繰り返しがギターを上達させるのです。

 

 

あくまで主役は自分であって、弾くことです。
いつでも手に取れるようにギターケースから出して、裸で立てかけておくようにしたほうが良いでしょう。

 

 

中高年を中心に受講者数2,500人突破!安心のギター上達法

 

初心者向け30日でマスターするギター講座(DVD&テキスト)の詳細を見てみる