演奏中にチューニングが狂ってしまう

ギターで1曲弾き終らないうちに、すぐにチューニング狂ってしまうということはりませんか?
ギターのチューニングのやり方のところでも述べていますが、弾くことと、チューニングすることはコインの裏表のように切っても切り離せない関係にあり、演奏中にも常に注意を払っておく必要があります。

 

 

そして、チューニングする時には、常に弦を巻き上げた状態で合わせるということがポイントとして挙げられます。
基本的には、自分が合わせたい音程よりも低い場合には巻き上げて締め、逆に高い場合は弦を緩めるようにします。

 

 

ですが、この緩めた状態で完了させてしまうと、演奏中にチューニングが狂ってきてしまうことが多いので注意が必要です。
もしも基準音よりも高いような時は、いったん多めに緩めて目標とする音程よりも下げてから、あらためて弦を巻き上げる方向で合わせるようにしましょう。

 

 

また、ギターの弦というのは鉄で出来ているとはいえ、完全に伸びきった状態で落ち着くのには多少時間がかかります。
つまり、新品の張ったばかりの弦というのは、伸びきるのに時間がかかるので、張った直後にはチューニングがなかなか安定しません。

 

 

ですので、ピンピンと弦を引っ張り上げて離したり、チョーキングするなどして良く伸ばして安定させてから合わせるようにしましょう。
それでも演奏中にチューニングが狂ってしまうようなら、ナットやペグに不具合が起きていることも考えれるので、お店に相談してみるようにしたほうが良いでしょう。

 

 

なお、この古川忠義が教える初心者でも30日で名曲を2曲も弾ける上達法!フォーク(アコースティック)ギター講座DVD&テキストでは、教本など読むのが好きでないという人には動画なので、コードの押さえ方などはもちろん、初心者には難しい音を合わせる方法もバッチリ分かり、下手な癖がついて、演奏中にチューニングが狂ってしまうということもなくなるでしょう。

 

中高年を中心に受講者数2,500人突破!安心のギター上達法

 

初心者向け30日でマスターするギター講座(DVD&テキスト)の詳細を見てみる