ギターの指記号

ギターには指と弦に独自の記号が用いられていますね。
ギターを弾く時に、楽譜にいちいち「右手の人差し指で引く」と言うように書いてあると、楽譜がとても読みずらく効率が悪くなることから、世界中のギターの楽譜には、決まった指記号が示されています。

 

 

そして、右手の指記号は以下のような意味を持っています。

P 親指(puigarの略)
i 人差し指(indice)
m 中指(medio)
a 薬指(anular)
ch 小指(chico)

 

合わせて、ギターを左手を使用しないで右手のみで弾く場合は、開放弦といい「0」の記号で示します。
また、ギターを弾く時には、右手の小指は殆ど使いません。

 

 

一方、左手の弦を押さえる指記号は数字で表します。左手の親指も原則使用しません。

1 人差し指
2 中指
3 薬指
4 小指

 

また、数字を〇で囲んでいるのは、必ず弦を示しており、例えば@は第一弦を意味するということです。
そして、ギターを正しいフォームで構えた場合は、第一弦は床に最も近くになり、右手を下の方に移動させれば音は高音になっていき、反対に上に移動させれば低音が出るようになります。

 

 

左手の場合は、右に移動していくほど高音になり、左に移動するほど低音になってきます。
ギター初心者の方は、これらのギターの指記号は、出来だけすぐに覚えるようにしましょう。

 

 

なお、このプロギタリストの古川忠義が教える初心者でも30日で名曲を2曲も弾ける上達法!フォーク(アコースティック)ギター講座DVD&テキストでは、よくあるギター教本にはない、本当の初心者向けの内容になっています。

ギターが弾ける人からすれば当たり前、と思うことも実は初心者には分からないことだらけ。でもご安心ください。一から丁寧に解説してありますので安心して始めることが出来ます。

 

初心者の目線で基礎の基礎から始められる♪

 

初心者向け30日でマスターするギター講座(DVD&テキスト)の詳細を見てみる