ギターでここでけは譲れないもの

私には、ギターでここでけは譲れないものというものがあります。
それはピックの持ち方です。

 

 

とはいえ、大人からギターを始めるにあたり、できるだ「〇〇すべし」といったルールを決めて縛るようなことはする必要はないと思います。

 

 

例えば野球での王貞治の一本足打法のように、打撃の頂点を極めた人には、教科書に載っていない奇抜な打ち方になっているわけで、楽器の奏法においても、自分なりのギター弾き方があっていいと思うからです。

 

 

ただ、ピックの持ち方だけは譲れません。
これはギターの弾き方(右手)のコツのところでもお伝えしましたが、親指と人差し指での正しい持ち方をすべきです。

 

 

コードを弾くことだけを考えると、中指を加えた3本の指で持ったほうがピックは安定する感じがすると思います。
ですが、決定的な問題があるんですね。

 

 

それは、今後、コードではなくリードギターを華麗に弾こうとしたときに、とても弾きにくくなってしまうんです。
コードがジャガジャガと弾けるようになったら、これまた面白い曲の主旋律やソロパートを受け持つリードギターの世界があります。

 

 

レッド・ツェッペリンの「天国の階段」など、ジミー・ペイジのようにギターソロで弾いてみたいものですね。
それを楽しむためにも、早い時期から正しいピック持ち方を身につけておいたほうがいいですよ。何より後から直すのは大変なので。