Fコードが苦手で挫折した体験談

昔松山千春やアリスに憧れてギターを持ったけど、「F」コードが苦手で挫折したという経験はありませんか?
これは今も変わっておらず、ギターをはじめた人の多くが経験する壁ではないでしょうか。

 

 

これは、「人差し指で6本の弦なんて押さえることなんて出来ない」という問題と言いかえても良いかもしれませんね。
何を隠そう、そういう私もその一人で、過去にぶちあたった壁です。

 

 

一度チャレンジしたけれど、この問題で挫折し、押し入れにギターがしまいっぱなしでしたが、50歳を過ぎてからギターへの気持ちがむくむく湧き上がってきたんです。

 

 

家にはレコードやCDもたくさんあって、ipod何かも使いこなしていて、だからこそギターへの想いは途切れたことはありませんでした。
ただ、もういい年になって、ちょっと自尊心もあって今更教室に通うのも抵抗があったんです。

 

 

そんな時に出会ったのが、古川忠義先生が教える初心者でも30日で名曲を2曲も弾ける上達法!フォーク(アコースティック)ギター講座DVD&テキストです。
教え方が非常に上手く、簡単に、気軽に、笑いながら出来る大人の為のギター上達法です。もちろん、若い人でも大歓迎ですよ。

 

 

DVDを見ながらその通りにやれば、弾けるようになれたんです。
良く目にする「F」や「Am」、「Dm7」というコードネームを見るだけで、押さえることが最終的には出来るようになってきます。

 

 

ただ、エリック・クラプトンのような流麗なギターソロやサイモン&ガーファンクルの「スカポロフェア」のような複雑なアルペジオは難しいです。
ですが、ソロなどの凝った演奏をするにしても、まずはコード演奏から入ったほうが早く正しく上達するということは間違いなく断言出来ます。

 

 

楽器には、トランペットやバイオリン、フルートなど色々ありますが、それらとギター(ウクレレ、ピアノなど含む)との根本的な違いは、コードが弾けることです。
ということは、伴奏が出来て弾き語りが出来るということです。

 

 

コードはたった3つの音を重ねるだけで、嬉しさや哀しさを表現できるので、まずはこれを自由自在に扱いこなせるようにすることを目標にしていきましょう。
それに向けて最短距離で実現することが出来るのが、このギター講座です。

 

 

中高年を中心に受講者数2,500人突破!安心のギター上達法

 

初心者向け30日でマスターするギター講座(DVD&テキスト)の詳細を見てみる

 

関連ページ

口コミ