オープンコードのコードチェンジのコツ

オープンコードのコードチェンジが上手く出来ますか?
開放弦を使ったオープンコードの場合の基本となるのは、左手のフォームを変えないで、指だけを移動させるようにすることです。

 

 

そして、コードを押さえ変える際には、弦から全部の指を大きく離さないことがオープンコードのコードチェンジのコツで、素早く次のコードを押さえるようにしましょう。

 

 

また、共通した指のフォームを崩さないようにするのも大切です。
例えば、CからGにコードチェンジする場合なら、中指と薬指が共通になりますが、このような時は途中でその形を崩さないように押さえ変えのもコツです。

 

 

更に、同じポジションを押さえる時、例えばCからAmというコードチェンジでは、中指と人差し指は同じポジションを押さえるようになります。
このような場合では、中指と人差し指で弦を押さえたまま、薬指だけを移動させてコードチェンジするのが一番でしょう。

 

 

ですが、中指と薬指の位置関係から中指の押さえる位置を変えなければいけないような時は、左手の力を緩めて4弦をミュート状態にして、薬指を移動させるのに合わせて、中指を調節しましょう。
また、人差し指はミュート状態でも構いませんし、弦を押さえたままでも大丈夫です。

 

 

コードチェンジの簡単マスター法を伝授します!

若い頃の憧れが現実になる!一緒に始めてみませんか?

 

初心者向け30日でマスターするギター講座(DVD&テキスト)の詳細を見てみる