ギターは第二の人生の生きがいの趣味になる

生きがいになる趣味を持っていますか?
誰しも50代にもなれば、これまでの歩んできた道を振り返りながら、この先の自分の人生について考えることも多くなってくると思います。

 

 

会社勤めされている方であれば、定年後に何をしようかと第二の人生に思いを巡らせることでしょう。
そういう私も、50を過ぎた頃から、「あの時に諦めずにやっておけばよかった」と過去を振り返りながら、自問自答することが増えてきたように思います。

 

 

「これまでの人生は本当に幸せだったのか」といった自分の生き方について、多くの人が向き合うことになる筈です。 
このような生きがいや幸せにに関する問題は、とりわけ50代のセカンドライフを意識し出す年齢の方には避けては通れない事です。

 

 

生きがいになりうる選択肢は多種多様ですが、一番優先して考えなければいけないのは元気で健康をもたらしてくれるものであるということです。

 

 

歳をとれば誰しも身体機能が衰えてくることで、 健康面で色々と心配事が増えてくるものです。
中でも1番の心配事が「認知症」です。
そんなこともあり、定年を過ぎると自由な時間も増えるため、色々と趣味を新しく始められる方が多いのものです。

 

 

では、心身の健康をもたらしてくれるのは何なのか、その問いかけに対して私の場合は音楽であり、より具体的に言えばギターでした。
ギターを演奏することは、心身の健康、とりわけ脳の活性化になりボケ防止にもなるのです。

 

 

何より、新しいことを始めることで、毎日にハリが出て生き生きとした生活を手に入れることもできますね。
若い人はもとより50代、60代、70代とこれから続く人生でも、ギターは変わらずに大きな生きがいとなり、いつまでも心身の健康と幸福感をもたらし続けてくれる筈です。

 

 

これが私がギターを強くお勧めした大きな理由の一つです。

 

 

中高年を中心に受講者数2,500人突破!安心のギター上達法

自宅でマイペースに楽しく弾けて、脳トレにもなる大人気教材。

 

初心者向け30日でマスターするギター講座(DVD&テキスト)の詳細を見てみる